*子育て&気儘な備忘録 *                      心と身体に優しい      シンプルな暮らしを・・・      


by yorokobi24
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

近況

ずっとご無沙汰してしまって随分ご心配おかけして、
メールをくれたお友達には本当に救われました。
本当に本当にありがとうございました!!!

近況を知らないお友達は何事かっと思われるかもしれましいが・・・
別に大事件が起きてしまったわけではないのですが、
とにかく私がいっぱいいっぱいでした^^;

幼稚園の行事で何かと気忙しかったのと
9月は子供達はじめ家族の体調が次々と良くない状態が続いてしまったのです。

ルカの腕はおかげさまで10月はじめに添え木が外れて
今はのびのびーっと出来ることが嬉しいようです。
もう「園庭で遊んじゃダメ」「走っちゃダメ」って言われませんから。
とにかく嬉しいそうです。

あと1ヶ月は重い物は持たないように言われていますが
、持ってます(笑)
安静と言われた9月もずっとじっとしていませんでした^^
でも、順調に骨は形成されてきているとのこと。
完治まであと数週間の予定です。

プレイデー(運動会をこう呼びます)にも先生の計らいで
出場させていただきました。
本人はとても満足そうでした。行事大好きですから。
パパもリレー、ママはパン喰い競争にも出ましたよ。
暑い日でしたが、とても良い思い出になりました。

ただ・・・その日の夜からルカが高熱をだし、おまけに
喘息を発症してしまいました。
やっと食アレルギーが治ってきたと喜んでいたところなのに・・・。
プレイデーではお弁当に初めて「たまご焼き」を詰め、
とっても美味しいと食べてくれたばかり。

アレルギーマーチとも呼ばれるようですが、
食アレルギーが治ると次は喘息・・・とまた別のアレルギーが
続いてしまう状態です。

今回は救急で吸入を2回してもらい、点滴はなしで一旦落ち着きました。
翌日も吸入をしてもらって今は薬を服用しています。
どうか慢性化しませんように。。。
パパは結婚するまでずっと喘息で、大変さはパパ自身は勿論
義母も身に染みて知っているので
その話を聞いているとどうか同じ苦しみはルカには
経験させたくありません。
どうか良い方法を・・・と食育などから
模索し始めています。

ベビスケは先日1歳を迎えました。
とってもかわいいベビスケ。
ルカの1歳児の可愛さも思い出させてくれます。
この頃の可愛さは格別です!!
親ばか全開で可愛がっています。


今日は実はパパとルカは二人きりでお出かけ、お泊りです♪
箱根の彫刻の森美術館と、河口湖へお泊りに行っています。

当初は4人で行くつもりでしたが、私がちょっと家事やら
日頃積もり積もっている事を片付けたくて
ルカにママとベビスケはお留守番でも良いかと聞いてみたら
あっさり「パパとお泊りしてくる~^^」って。

最近、ルカの心境にも変化が見られました。
ベビスケが一歳を迎えて、ルカも幼稚園のお友達との触れ合いや
ママとの関係の改善?からか、少しずつベビスケへのジェラシーが
どこから生まれたのかを自分なりに解釈しようとしているようで
自分の「思い」を語ってくれました。

ある晩、夕飯を食べていたら、いつになく饒舌にお話しを始めて・・・・
「ルカはいつかお母さんになるんだよね。
お母さんになったらベビスケにご飯食べさせてあげるね。
ベビスケは京都のばあばの家の近くのカンガルーの絵の描いた病院で生まれたんだよね。
覚えているの○○というお店でばあばとお菓子買ったのも。
ベビスケが産まれた時すごくかわいかったよね!今も可愛いけどさー。」

・・・しばらく黙ってご飯を食べてから・・・
「でもね。ルカね。本当に赤ちゃんが生まれてビックリしたの。
ほんとに生まれるって思わなかったの。
だからねビックリしたの。」

・・・ずっと沈黙。
私は涙が出そうなのを我慢して、「そっか。ビックリしたんだね。
本当に生まれるって思わなかったんだね」って繰り返してみた。

ルカは「うんそうなの」ってだけ答えました。

この話は私にはとても衝撃的で、やっとルカがベビスケの誕生を
心の中で受け入れてくれた瞬間だったんだと感じています。

やっと私もルカの思いを聞くことが出来たなと。
ずっと辛かったんだな。
理由もわからずママのところに
赤ちゃんが来て、すごくジェラシーを感じて
どうして良いのかわからなかったんだよね。
なのに、ママもそんなルカにどうして接していいのかわからず、
ずっとずっと悩んできたけれどルカは自分で答えを見つけることが
出来たんだなっと感動しました。

ジェラシーは無くなるわけではないけれど、
ルカなりに心の中は軽くなったみたいで
表情がすごく柔らかくなっている。

急に現れた赤ちゃんに「ビックリした」と言葉にできたのはずごいなと思う。

ママが質問したわけでも無いのに、
自ら語ってくれたこの思いはとても貴重でした。



長々と書いてしまったけれど、魔の9月を忘れさせてくれる位、
ルカのこの言葉にママはパワーをもらったのです。

ルカありがとう!!
そしてこれからも答えを見つけながら素敵な人生を作っていってね。
ママは見守って見守って、ずっと応援していますよ~^^



そして、私のことをいつも心配してくれる家族やお友達に感謝しています。
ありがとう!!!!

これからは、もっと気楽にブログをちょこちょこと更新しますね^^
[PR]
by yorokobi24 | 2012-10-22 00:33 | ママの独り言