人気ブログランキング |

*子育て&気儘な備忘録 *                      心と身体に優しい      シンプルな暮らしを・・・      


by yorokobi24
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30

断乳に向けて振返り

c0124646_1244621.jpg

明日の断乳を控え、ドキドキしている私です。

出産から今までのルカとの母乳生活が
走馬灯のように頭に浮かんできて
何だか興奮気味で頭が冴えて眠れません。

思い返せば、出産直後はなかなかおっぱいが出ずに
日に日に痩せていくルカが可哀想でした。

そして、おっぱいが出るようになったと思いきや
ルカ自体が黄疸がなかなか消えず、
いつも右側ばかり向いて眠り辛そうでした。
原因は舌癒着症と判明。
生後1ヶ月過ぎに手術に踏み切りました。

結果、その日に黄疸が消えておっぱいも
沢山飲めるようになり、それからはみるみる体重も増えて
元気に成長してくれました。

一方、私はルカが生後6ヶ月頃に疲れのピークを迎え、
細菌性の乳腺炎を起こして切開しました。

切開後からお世話になったのは
R&Y桶谷式母乳育児相談室

おっぱいの具合はビックリするくらい早く快復して
ルカも本当によく飲んでくれるようになりました。
以来毎週一回、通い続けて今に至ります。

母子共に食事指導などなかなか厳しいと言われる桶谷式。
食事に関しては私は随分羽目を外した方だけれど、
(甘いモノが控えられず・・・)
子供への接し方、視点については
本当に納得させられる事ばかりで
とても勉強になりました。
桶谷式で良かったと心から思っています。

そして、何より母子ともに週一の憩いの場でした。
ルカも待合室で遊ぶのを楽しみに通っていましたし、
私も手技を受けながら、先生に色々お話を聞いていただくのが心の支えでした。

子供のことしか私は話しませんでしたが、話している内に
「実は辛いのはあなたじゃないの?」
「ルカちゃんはあなたを心配していますよ。」
…だなんてすっかりお見通しで
私が話さなくても気持ちを代弁されてしまい
ただただ涙が溢れ出ることがしばしばありました…。
本当にいい歳をしているのに泣き虫で恥ずかしい;

けれど、先生のおかげでいつも心をリセットして帰っていました。
気持ちが浄化されていたと言った方が良いかもしれません。
心身ともに救って頂き感謝しています。

そんな先生は阿部先生の抱っこ法も実践されています。
写真の本は監修に携われて阿部先生始め多数の先生と発刊された本です。

子供の気持ちを上手く導く駆け引きの仕方が
わかりやすく載っていました。

いよいよ、明日は断乳!
ルカのお姉ちゃんへの第一歩!
楽しみに見守ってみます。
by yorokobi24 | 2010-03-25 01:24 | 愛娘ルカ 2008.06生