*子育て&気儘な備忘録 *                      心と身体に優しい      シンプルな暮らしを・・・      


by yorokobi24
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

カテゴリ:ドバイ( 7 )

アブダビで是非とも行ってみたかった所へ。

UAE建国の父と呼ばれるシェイクザイードが埋葬されているモスク。
非イスラム教徒の入場も 認められていて、
成人女性はアバヤという黒い衣装を着て中に入ることができました。

c0124646_23213566.jpg
c0124646_23221233.jpg
c0124646_2323837.jpg
c0124646_23233952.jpg
c0124646_23245697.jpg


ルカもふぅちゃんもアバヤを着ました。
子供用のをふぅちゃんママが用意してくれていたのです。

モスクの中はとっても美しかったです。
なんというかもっときらびやかなイメージでしたが、
決して派手さはなくとても上品で心が落ち着く美しさ。

人や動物は描かれることは無いので、植物のデザイン。
華と草木のエレガントなモザイクや
シャンデリヤに絨毯。すべてが素晴らしかったです。

色々ありましたが、滞在中は義妹ファミリーと過ごせてとても楽しかった♪
子供達はハプニングもそれは思い出として記憶してくれて、
楽しかったこともしっかり印象強く思ってくれているはず。

子供連れの旅は大変だけれど、小さい子は小さいなりに
珍しく貴重な体験を通して多くのことを吸収してくれたと思います。

ドバイ日記。
パパがしっかり載せてよねって言うので(笑)
少しずつ頑張ってアップしました!

私の母もドバイに実は行きたがっていたので
(犬もいるのでなかなか難しいのですが)
この日記を楽しみにしてくれています。

年明け早々お騒がせな旅をしましたが、
どうかこれで落ち着いてこれからは平穏に
健康に過ごせますように・・・と願うばかりです^^
[PR]
by yorokobi24 | 2013-02-13 23:31 | ドバイ
アブダビでは義妹ファミリーと
とっても豪華なホテルに2泊しました♪
エミレーツパレスです♪

国際的な会議にも使われる宮殿ホテル。
あまりに立派で贅をつくしたホテルで圧倒されました。
あとで知ったのですが東京ドーム18個分の敷地の広さだとか。

c0124646_224742.jpg

こちらでも大歓迎してもらえるベビスケ。ぬいぐるみをもらっておおはしゃぎ。
c0124646_22473025.jpg

バスルームにはアヒルさんも待ってくれていました。
c0124646_22475617.jpg
c0124646_22483342.jpg

裏千家の茶室もありました。
前お家元は国際的なことに力を入れておられたからかな。
c0124646_23452288.jpg

c0124646_22485896.jpg

ホテル前の噴水で。
c0124646_2249266.jpg

ホテル内のツアーではスイートルームや劇場、2万人以上も収容できる宴会場など
拝観できました
c0124646_22531250.jpg

ホテル前の海。ふぅちゃんとルカは貝殻拾いをして遊んだようです^^
c0124646_22541815.jpg



とっても素敵なホテルで今度こそゆーったりと過ごしたかったのですが、
2泊目にベビスケが部屋で転んで家具の角で額を強く打ち、
1センチ程の穴から血が止まらず私もルカも絶叫して救急車を呼びました。

幸いしばらくして出血は止まったので私も気持ちを落ち着かせることが
出来たのですが・・・。

ホテルの車で救急病院へ行き9針縫いました。
子供の頭は皮膚が分厚くて柔らかいのだそうです。
骨まで達していたので縫うことになりましたが、問題ないとのこと。

けれど、縫っている間泣き叫ぶのを見ながら手を握っているのが
本当に辛かった・・・。
情けないことに縫い終わった瞬間にまたもや私が気を失ってしまって。
本当にハプニング続きの旅!さすがに悲しくなって泣きました;

でも・・・さすが七つ星ホテル。
救急病院の送迎をしてもらい、
治療の間3時間もかかったというのに、
イヤな顔一つせずずっと待っていてくれて。
親切に声を掛けてもらいとても心強かったのです。

しかも車がBMWの7シリーズ。
パパ曰く日本で見たことのないタイプだとかで、
内装の豪華さにビックリでした。
BMWファンのパパは密かに感激していました(笑)

救急に行っている間にルカはふうちゃんファミリーにお世話になりました。
きっと心配でのんびりと過ごせなかったはず。
最後までお世話になってしまって。
皆さんに感謝☆
[PR]
by yorokobi24 | 2013-02-13 23:13 | ドバイ
c0124646_2352891.jpg

c0124646_2352816.jpg

c0124646_235282.jpg

c0124646_2352855.jpg

ルカはすっかり元気になり、
あとはママの高熱が治れば…という状況。
フラフラながら解熱剤で乗り切る毎日。

今回一番楽しみにしていたアブダビへ。
義妹ファミリーも一緒にとっても素敵な豪華ホテルにも泊まります♪

先ずはフェラーリワールドへ。


Sさんブログ見てくれてるかな?
ご主人の車の年代に近い車もパチリ〜♪



パパ大興奮。
大人は交代で発車時最速のジェットコースターを経験。
ママも二時間待ちでパパは子守りが大変だったみたいだけど
楽しかった〜!
かなり頭は痛かったのだけど、
スピードはしっかり体感出来ました。

ベビスケもブーブー大好き!

子供が充分に楽しめるアミューズメントパークのよう。

とにかくこちらは何処へ行っても
子供に優しい!
だから、子供達もぐずらないし、大人も楽しめる。


赤ちゃんを見るとみな可愛いと抱っこしてくれたり、
スマフォで写真を撮ったりして赤ちゃんを
可愛い可愛いともてはやしてくれる。
子連れで来て良かったと思えるほど。
[PR]
by yorokobi24 | 2013-02-09 23:52 | ドバイ
夕方にバージ カリファのお隣にあるドバイモールへ。
こちらも世界最大のショッピングモール。

c0124646_3201858.jpg


エントランスに停められた高級車に人だかりが出来ている。
数千万のフェラーリなどがずらり・・・。
ドバイならでは。
とにかく華やかです。

夜のバージ カリファ。
満月とともに綺麗♪
c0124646_3175867.jpg

c0124646_3192844.jpg

ファウンテンショー。子供達は寝てしまって残念だったけれど、
迫力あってとても綺麗で感動しました。

そしてまたホテル。
廊下もとても個性的。
部屋の扉が壁と同化していてどこが扉なのかと戸惑うの(笑)
c0124646_3225111.jpg


朝食も子供達はご機嫌。
ルカはそれなりに英語で会話をし、
ひとりでちゃんと好きなものを取ってきて食事を楽しんで。
ルカもお行儀よくしていました。

ベビスケも終始ご機嫌♪
誰からも可愛がってもらって楽しいね♪
ホテルライフ楽しみました^^

c0124646_3242932.jpg

[PR]
by yorokobi24 | 2013-02-09 03:30 | ドバイ
c0124646_230321.jpg

ルカのインフルもあり、ホテルに宿泊することに。
しかし、ドバイのホテルはこの時期空きが少ないらしく、
ふぅちゃんパパに色々探してもらって
せっかく泊まるなら・・・っとカリファのアルマーニホテルに
パパが決めていた☆

体調不良のまま宿泊するにはもったいないねって思いつつ、
パパはママの命が助かった(ちょっとおおげさだけど)から
気を取り直して楽しもうって考えたらしい。

午前中は私もまだ身体が辛く休息・・・。
家事も手伝わず申し訳ないと思いながら甘えて
パッキングだけとにかく済ませて。


パパの気持ちもわかる。
せっかくの旅行でもあるし楽しまないとねー。
解熱剤を飲んで気持ちを上げて頑張ろうtっと。
ルカはタミフルが効いて元気一杯。
ホテルへ行ったら隔離されないし
好きなだけ遊ばせてあげれる。

ベビスケはいたって元気。
好奇心の塊くんだからきっとどこへ行っても楽しめる^^

そして到着♪

世界一高いビル カリファーのアルマーニホテルへ☆
c0124646_2365541.jpg

c0124646_2434718.jpg

c0124646_2363463.jpg

c0124646_244043.jpg

子供達が大喜び。
ルカはかくれんぼ出来るー。楽しい楽しい♪と。

ベビスケはウェルカムデザートのベリーに大喜びで
部屋の引出を開けては雄叫びをあげて(笑)
窓から見えるブーブー(車)とでんちゃ(電車)にも大興奮。
c0124646_2315896.jpg

c0124646_256408.jpg

c0124646_2524559.jpg

c0124646_2541081.jpg

c0124646_2264713.jpg
c0124646_2272960.jpg
c0124646_2355341.jpg


c0124646_2373270.jpg

c0124646_2575838.jpg

こんなに喜んでくれるなんて来て良かったね。
最後はベビスケはすやすや。。。

シンプルモダンで素敵なホテル。
ホスピタリティも素晴らしい。
子供をとても可愛がって下さって居心地も良く。

自宅のような寛ぎ感。
子供達と本当に自宅のようにリラックスして過ごしました♪
[PR]
by yorokobi24 | 2013-02-09 03:07 | ドバイ
三日目の午後に砂漠のリゾート、ババールシャムズから
ドバイ市内の義妹宅に戻って、
高熱のルカを連れて病院の救急へ。

インフルエンザの検査をすると陽性!

タミフルを処方されました。

ママも39度の発熱、ふぅちゃんパパも微熱あり、
インフルエンザ検査をしたものの、
二人とも陰性でした。
ふぅちゃんパパが陰性で何より良かったと一安心。


ただ救急病院は混んでいて、検査結果に三時間も待たされ、
私は全身の関節痛と悪寒で気分も悪くて…
医師に薦められた解熱剤注射を打つことに。

注射を打ってさぁ帰ろうと、廊下でパパが薬を受け取りに行く間
ルカと待っていると何故か耳鳴りがしてきて、
身体中が暑くなり気分が悪くて意識が遠のいていく。。、
次第に手足が痺れてきて…気付いたらベッドの上だった。


注射を打った看護師はボルタリングを打っただけだと騒いでいる。
医師がアレルギーを持っていないか確認している。

声はきこえるし、脈はしっかりしているとパパが言ってくれているが、
手足が硬直して動かなくて恐怖心を感じてきた。

呼吸が早い。落ち着けと言われるが苦しくて早くなる。
血圧が30台に落ちているらしい。
次第に息苦しくて過呼吸になっていると酸素マスクを外された。


点滴か始まった。。やっと右手の指が少し動いてきて
顔の痺れも取れてきた。。

気持ちに余裕がでてきたら、
義妹に預けているベビスケを思い出した。

もう夜の11時。泣き叫んで義妹も困っているのは間違いない。
ふぅちゃんと二人の寝かし付けは大変なはず。
ルカとふぅちゃんパパは先に帰宅してもらうようにパパに言うことが出来た。

ルカはママが倒れたとわかっていて、
素直にふぅちゃんパパと先に帰ることに。
「ママ頑張って!」っと手を振る頼もしいルカが見えた。

点滴が効いたようで、普通に呼吸出来るようになり
足も動かせるようになった。
点滴を2本打ち意識もしっかりしてきた。


原因はわからないという。
解熱剤注射の量が私の身体には強かったのかもしれないとパパは言う。
確かにアラブ人とは日本人は体格が違うし更に小柄な方だから。

正直怖かった。死ぬ( -_・)?じゃないかと一瞬思ってしまった。
だから過呼吸にもなったのかも。

義妹宅に帰宅したのは夜中12時。

ベビスケは何度もなき続けたらしい。
ママ以外と夜に寝たのはじめてだから。
義妹に申し訳ない。

そして急にママを取られたふぅちゃんも
相当に我慢していたんだろう。
夜泣きが始まった。
みんなに迷惑かけて本当に悪かったなぁと。

パパはママが助かって良かったとばかり言っていた。
パパも見ていて血の気が引いたらしい。

確かに無事で良かった、
まだ死ぬわけにはいかないのだ。幼子2人を残しては。
と冷静に思う自分がいた。



あと問題なのはルカ。
インフルエンザとわかった以上、もう義妹ファミリーに迷惑はかけれない。。
もし移してしまったら、ふぅちゃんはナーサリーに行けなくなるし
パパはお仕事に支障があってはいけない。


ルカを一室に隔離しようと話し合ったが
やはり明日からはホテルに移動したほうが良いだろうなと、
考えながら私は泣きつかれたベビスケと眠りについた。
[PR]
by yorokobi24 | 2013-02-07 12:45 | ドバイ

ドバイ旅行♪

ドバイへ行って来ました♪
旅行中にルカはインフルエンザになり、
ベビスケは9針縫う怪我を負い、私は高熱で解熱剤を注射して倒れたり
まぁ色々ありまして…F9AB.gif
本当に大変で義妹ファミリーのお世話になりっぱなしでしたが、
貴重な経験を沢山して楽しんで来ました。

せっかくなので我が家の旅日記をボチボチ載せます〜♪



義妹家族が住んでいるドバイ。
子供達を連れて従姉妹のふぅちゃんに会えるのも楽しみに
エミレーツ航空に乗って遥かかなたドバイまで行きました☆


私達が楽しめるようにと、義妹夫婦は綿密に10日間の素晴らしいスケジュールを立て手配をしてくれました。


先ずは初日はドバイで最も有名なホテル、ブージュアルアラブにてブランチ☆
c0124646_0383747.jpg

このホテルに入れるのは宿泊者またはレストラン予約者だけ。
みんなおめかしして7つ星ホテルのレストランへ♪
ホテル内の吹き抜けはこのようなデザインと色調。意外でした^^
c0124646_0393022.jpg

噴水や水槽もあり子供達は大喜び。
c0124646_1105878.jpg


展望の素晴らしいレストランを予約してくれました。
一面の海を見下ろしながら、空の上で頂いてるような食事を楽しみました。
レストランはホテルの高層階にあり、
外から見るとそのレストラン部分が突出した展望スペースのようです。
(1枚目の写真で左側に楕円形に突き出している所なのです)

c0124646_0401769.jpg

お料理はブッフェ。
c0124646_044421.jpg

デザートまでいずれも美味しくて、
種類の豊富さ、食材の素晴らしさにも感動でした!
お腹が一杯で食べれなかったものが沢山。
食いしん坊の私はちょっと心残り(笑)

いつもやんちゃなルカやベビスケもお絵かきセットを頂いたり、
スタッフにフレンドリーに話しかけてもらい
抱っこしてもらったりして
終始ご機嫌で楽しんでいました。

ただ従姉妹のふぅちゃんがお熱を出してダウン。。
ドレスアップしてきたのに辛そうで可哀想。
ひと眠りしてちょっと復活したところをパチリ☆
c0124646_0444615.jpg


その後はアトランティス周辺をドライブ。
c0124646_0505948.jpg


空から見るとヤシの木の形をした人工島に建物が建っているところです。

雲一つない青空。
見渡す限りの海と振り向けば近代的な高層ビル群。
海と砂漠とビル。
人工的なんだけど、見事に調和していてスケールの大きさに圧巻でした。
c0124646_0485759.jpg

今のドバイは日本のちょうど秋の気候。
想像以上に寒いくらい。
外で食事したりできる貴重な時期。
暑い時期は外を歩くことすら出来ない程の暑さだそうです。
c0124646_0421332.jpg


メディナジュメイラも散策。
c0124646_19551.jpg

お土産品を見たり運河沿いでお茶したり。
気持ちよい1日でした。

二日目は砂漠にあるリゾートホテル、バブアルシャムズへ。
c0124646_0332521.jpg

c0124646_0332549.jpg


砂漠でラクダに乗りました。
ルカはラクダが立ち上がる瞬間が
前のめりになるので恐くて泣いちゃったけど、
ベビスケは終始笑いころげていました。
まだ怖さも知らなくて、好奇心の固まりですからね。

ベビスケは砂遊びも満喫。
気持ち良いのか突っ伏してみたり!
c0124646_0332551.jpg

砂漠の中でとてものどかでゆったりした気持ちよい時間を過ごしました。
c0124646_0332581.jpg


私達はこの日はこのホテルに宿泊。
でも、ルカは高熱を出しぐったり。
急激な熱の上昇。。インフルエンザかも。

夜の砂漠でのディナーもソファで寝ていました。

夜の砂漠は想像以上に寒く、
ディナーショーのくるくるオジサン(ずっと周り続けるの(笑))だけ楽しんで部屋へ。

夜中にはルカは40度、ママも39度に!

日本からインフルエンザ持ってきちゃったかな?

次の朝はホテルのプール遊びを諦めて、
朝食とホテル内のお散歩だけ。
レイトチェックアウトにして部屋で休みました。

ベビスケは元気でホテル内を楽しそうに歩き周り、
沢山の人に抱っこされたり
可愛い可愛いとスマフォで写真を撮られたり。

ドバイではベビスケくらいの赤ちゃんはすごく可愛いがられます。
何処へ行っても大人気でした。

まぁその横でルカもちゃっかり「私がお姉ちゃんよっ」て主張していました(笑)



ドバイ日記はまだまだ続きます(o^・^o)
[PR]
by yorokobi24 | 2013-02-04 00:33 | ドバイ